水仕女(読み)みずしめ

精選版 日本国語大辞典「水仕女」の解説

みずし‐め みづし‥【水仕女】

〘名〙 台所などで水仕事をする下女。みずしおんな。水仕。
仮名草子仁勢物語(1639‐40頃)下「かの鵜師出でて、さげすみけるやう〈〉此木綿奉らむと思ひてみづし女して取りにつかはす」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「水仕女」の解説

みずし‐め〔みづし‐〕【水仕女】

台所で水仕事をする下女。みずし。みずしおんな。
「そっと玄関へ上りたるゆえ、書生も―も心付かぬにやあらん」〈逍遥・妹とかゞみ〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる