水仕(読み)みずし

精選版 日本国語大辞典「水仕」の解説

みず‐し みづ‥【水仕】

〘名〙 (「御厨子」を「水仕」と解したところから) 台所で、煮炊き水汲み、食器洗いなどをすること。水仕事をすること。また、それをする下女水仕女
説経節・をくり(御物絵巻)(17C中)一〇「さて百人のながれのひめがありけるが、そのしものみづしはの、十六人してつかまつる」
※人情本・花筐(1841)五「先非を悔ひ歎き、たとへ炊業(ミヅシ)の業をしても」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「水仕」の解説

みず‐し〔みづ‐〕【水仕】

台所で水仕事をすること。また、それをする下女。水仕女みずしめ
「これが当れば、お前にだって―はさしちゃ置かん」〈秋声足迹

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

動員令

〘名〙 旧制で、戦時または事変に際し、在郷軍人を召集する命令。※東京朝日新聞‐明治三七年(1904)二月四日「隠密に本国に於ては数個軍団に動員令を布きたる形跡あり」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android