コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

水塩入銀 みずしおいれぎん

世界大百科事典 第2版の解説

みずしおいれぎん【水塩入銀】

江戸時代,瀬戸内沿岸の十州塩田でみられた塩の販売方法。入銀(いれぎん)とか春塩買また先塩(さきしお)入銀などとも呼ばれた。翌年の春から夏にかけて生産される塩を,暮れに現金を前渡しして買い付けておく。はじめは塩を確実に入手する目的ではじまったものと思われるが,この方法によると,塩廻船は塩の値段の最も安い時期に買い付けて,最も高い時分に積み取って売りさばくことができ,その差益は大きい。一方,生産者側は,暮れに浜子(塩業労働者)への前渡し給銀や諸仕入れに多額の資金を必要とするため,たとえ不利な値組みでも入銀を余儀なくされた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

水塩入銀の関連キーワード江戸時代

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android