コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

十州塩田 じっしゅうえんでん

2件 の用語解説(十州塩田の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

十州塩田【じっしゅうえんでん】

近世〜近代に瀬戸内沿岸の播磨(はりま)・備前(びぜん)・備中(びっちゅう)・備後(びんご)・安芸(あき)・周防(すおう)・長門(ながと)・阿波(あわ)・讃岐(さぬき)・伊予(いよ)の10ヵ国にあった塩田の総称。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

じっしゅうえんでん【十州塩田】

近世~近代に瀬戸内沿岸の播磨,備前,備中,備後,安芸,周防,長門,阿波,讃岐,伊予の10ヵ国に存在した塩田の総称。近世これらの10ヵ国では,他の諸国の塩田と比較して,一軒前の塩田規模も大きく多量の塩を生産した。その産額は,文化(1804‐18)ごろには1ヵ年の全国生産高500万石の90%にあたる450万石といわれている。瀬戸内の主要な塩田の開発時期は,阿波撫養(むや)は16世紀末から17世紀初頭,播州赤穂,安芸竹原が17世紀の中ごろ,備後松永,同富浜,伊予波止浜(はしはま),周防三田尻,同平生が17世紀後半で,18世紀になって伊予多喜浜,19世紀20年代に備前野崎浜,讃岐坂出が開発されている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内の十州塩田の言及

【塩】より

…上古の時代は,土器製塩あるいは海藻類を利用した藻塩焼(もしおやき),海浜の砂に付着した塩分の浸出などの原始的な方法によっていたが,9世紀ころからしだいに塩浜(しおはま)の形態が整い,入浜式(いりはましき),揚浜式(あげはましき)の塩浜が出現した。とくに入浜式では,17世紀初めに大規模な入浜式塩田が開発され,立地条件の恵まれた瀬戸内海沿岸を中心に発達し,いわゆる〈十州塩田〉を形成した。一方,揚浜式は日本海や太平洋の沿岸に発達した。…

【塩廻船(塩回船)】より

…江戸時代から明治期にかけて,瀬戸内十州塩田の産塩を大坂・江戸あるいは北国などの消費地に運送した廻船。十州塩田で生産される塩は,産地の塩問屋を介して塩廻船に販売されるのが普通であった。…

【石炭鉱業】より

…【田中 隆之】
【日本の石炭鉱業】

[戦前]
 日本における石炭の発見は各地に伝承として伝えられているが,17世紀後半から筑前,豊前,長門などで広く採掘されはじめた。当初は家庭での薪炭の代用として,やがて製塩用として用いられ,18世紀末には瀬戸内の十州塩田(播磨,備前,備中,備後,安芸,周防,長門,阿波,讃岐,伊予)に普及した。この間,石炭採掘の専門業者が出現するようになり,19世紀前半には筑前,豊前,唐津などで仕組法と呼ばれた藩による専売制が採用され,石炭の販売生産を統制した。…

※「十州塩田」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

十州塩田の関連キーワード長船山陽道瀬戸内海瀬戸内海国立公園播磨灘瀬戸内市瀬戸内瀬戸内式気候瀬戸内法

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone