水工学(読み)すいこうがく(英語表記)water engineering

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

水工学
すいこうがく
water engineering

水を利用するための,あるいは水の害から身を守るためのさまざまな技術を水工といい,そのための学問を水工学という。おもなものに河川工学,発電水力工学,海岸工学,水道工学,衛生工学,港湾工学などがある。また,これらの基礎として,水を自然科学的立場から追究する学問に水文学水理学がある。水文学は地球物理学の一部門であり,水理学は力学系統に属する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

水工学の関連情報