コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

河川工学 かせんこうがく river engineering

4件 の用語解説(河川工学の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

河川工学
かせんこうがく
river engineering

河川の性格を研究し,これを人為的に制御して,合理的な治水計画利水計画を行うための工学。降水量,流出量などを扱う河川水文学,水や土砂の流れに関する河川水理学,最も効果的な河川利用法を検討する河川計画学,および各種構造物に関連する施工技術などで構成される。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

かせん‐こうがく【河川工学】

河川の性状、およびその保全・活用の技術や方法を研究対象とする学問。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

かせんこうがく【河川工学】

土木工学の一分野。河川の保全と利用に関する学問。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

河川工学
かせんこうがく
river engineering

河川災害を防止し、河川を利用するための工学。土木工学の一分野。河川工学は洪水防御(治水)、水資源開発(利水)、河川環境の保全・整備などのための技術的な対策にかかわる調査、計画、設計、施工、管理などを扱う。川 登]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

河川工学の関連キーワード電子式シャッター霞堤気象制御性格学工作買い人為的人定法発毛灌流組換えDNA技術

今日のキーワード

ポケモンGO

2016年7月6日に米国・オーストラリア・ニュージーランドで配信開始となったスマートフォン用AR(仮想現実)モバイルゲーム。開発・発売元はNiantic,Inc.(ナイアンティック)で、株式会社ポケモ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

河川工学の関連情報