河川工学(読み)かせんこうがく(英語表記)river engineering

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

河川工学
かせんこうがく
river engineering

河川の性格を研究し,これを人為的に制御して,合理的な治水計画,利水計画を行うための工学。降水量,流出量などを扱う河川水文学,水や土砂の流れに関する河川水理学,最も効果的な河川利用法を検討する河川計画学,および各種構造物に関連する施工技術などで構成される。対象とする工事,工作物としては堤防,護岸,水制,浚渫 (しゅんせつ) ,床固め水門,堰,砂防,新水路の掘削,ダムなどがある。水害防止,農業用水,工業用水の利用,上水道,水力発電,水運などの諸問題に関連して,総合的な治水工事,河川管理を行うのに重大な役割を果す学問である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

かせんこうがく【河川工学】

土木工学の一分野。河川の保全と利用に関する学問。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

河川工学
かせんこうがく
river engineering

河川災害を防止し、河川を利用するための工学。土木工学の一分野。河川工学は洪水防御(治水)、水資源開発(利水)、河川環境の保全・整備などのための技術的な対策にかかわる調査、計画、設計、施工、管理などを扱う。川 登]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

かせん‐こうがく【河川工学】

〘名〙 河川および河川の流水を研究対象とする土木工学の分野。河川による災害の防除あるいは河川の積極的な利用を目的とする。河工学。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

河川工学の関連情報