コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

衛生工学 えいせいこうがく sanitary engineering

2件 の用語解説(衛生工学の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

衛生工学
えいせいこうがく
sanitary engineering

人間の身体的,精神的に良好な状態を増進させるために,人間の物理的環境を工学的手段によってコントロールする,技術と学問の体系。具体的には,屎尿処理塵芥処理,上下水道,冷暖房,換気,有害作業環境除去などに関連する施設,設備,器具の建設,改善などの工学技術である。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

衛生工学
えいせいこうがく

公衆の健康の保護と増進を目的にして、工学の諸原理を環境の汚染防止と生活環境の保全に応用する学問分野。人々の生命と健康を脅かす原因が文明や社会の発展に伴って変化するので、目的指向である衛生工学の対象も、都市の上下水道から大気や水質の浄化、騒音振動制御、産業排出物制御、最終廃棄物管理、放射性排出物管理、建築物の空調暖冷房、工場内作業環境の制御、地域の物質代謝施設計画、大気や水質および土壌環境の計画と管理、立地計画など広範多岐にわたっている。そのために必要な学問分野も、(1)改善または保全の目標を定めるために生理学公衆衛生学動植物生態学、流れ学、気象学、統計学など、(2)改善策を講じるために土木工学化学工学微生物工学、流体工学、熱工学、システム工学など、(3)計画をたてるために計画数学、地域計画学、都市計画学、経済学など多岐にわたっている。第二次世界大戦後、北海道大学京都大学に衛生工学科、東京大学都市工学科、大阪大学環境工学科がそれぞれ工学部内に設けられた。他の大学では工学部の中に関連講座が設けられている。[小林三樹]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

衛生工学の関連キーワード身体的リスク個人差薬物依存ウェルビーイング人力ばり三身体的栄養診断退行期保存性身体的危険

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

衛生工学の関連情報