コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

水理学 すいりがく hydraulics

翻訳|hydraulics

6件 の用語解説(水理学の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

水理学
すいりがく
hydraulics

流体力学の一分野。液体,特に水の動力学的性質を研究し,工学上の応用をおもな課題とする。土木工学では水理学,機械工学では水力学 hydromechanicsと呼ぶことが多い。研究対象は,土木工学ではダム,河川,港湾,上下水道,水門,放水調節,バルブ,河川やパイプ中の水流,発電水力,堤防,突堤,船体,水面埋立てなど多岐にわたり,機械工学ではポンプタービンプロペラ,潤滑など流体機械サーボ機構に関するものがある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

すいり‐がく【水理学】

地下水・海水や流水などの運動を扱い、土木工学上の応用を研究する学問。また、水力学と同義。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

水理学【すいりがく】

主として河川,運河,水路等における水の流れ,圧力,波動などを研究する学問。各種の水理構造物の設計・建設に応用。
→関連項目土木工学

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

すいりがく【水理学 hydraulics】

主として水を中心として,流体(液体)の流動現象を対象とする科学。その流動現象を解析する原理としては,もっぱら力学の法則を用いる。したがって,水理学は水に関する力学を基礎的概念とし,水に関する実際の現象,とくに土木工事などに関連する現象を解明するとともに,実用的な課題を解き,実際の工事設計に役だつことを目的として発展してきた学問である。水力学も水理学とほぼ同様な学問的基盤に立脚しているが,応用面としては主として機械およびその関連の工学的解明および設計に役だつことを目的としている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

すいりがく【水理学】

流体力学に基礎をおき、土木工学や機械工学などへ応用するために、水の力学的問題を研究対象とする学問。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

水理学
すいりがく
hydraulics

水の流れを力学的に解析する学問。土木工学の一分野。水理学では実用的な解を得るために流れを単純化して扱うが、できるだけ厳密に流れを解析するためにコンピュータを使った数値解析行われる。水理学が対象とするおもな流れは開水路の流れおよび管路の流れであるが、地下水の流れ、浸透流、密度流や流砂、移流・拡散・分散など水の流れに関連する現象も扱われる。川 登]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の水理学の言及

【水力学】より

…流体や気体のように自由に変形する物質を固体と対比して流体というが,流体が流れるときの圧力変化や周囲の物体に及ぼす力を調べる学問は,水力学,流体力学,空気力学,レオロジーなど,さまざまな名まえで呼ばれる。このうち,空気力学aerodynamicsは高速の気体の流れを,レオロジーはコロイドや高分子のように複雑な構造をもつ液体の流れを主として取り扱い,独立した分野を形づくっている。 一方,水力学と流体力学は,流れの問題を幅広く取り上げ,その間に一線を画すことはむずかしい。…

※「水理学」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

水理学の関連キーワード静水力学非圧縮性流体流体の運動方程式学都三昧派塩辛を食おうとして水を飲む主として動水力学コールブルックの式慣行水利権

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

水理学の関連情報