コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

水平儀 すいへいぎgyro horizon

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

水平儀
すいへいぎ
gyro horizon

航空計器の一種で,ジャイロ軸の自立機能により,水平面に対する航空機の前後左右の傾きを示す姿勢指示器。縦方向のピッチングと横方向のローリングが表示される。操縦士は有視界飛行の場合,地平線あるいは水平線を基準にして自機の飛行態勢を判断するが,天候不良の場合にはそれができない。そのため水平線に対して自機がいかなる態勢にあるかを示す計器が必要となる。その構造は,水平を示す棒がジャイロに直結されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

水平儀
すいへいぎ

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

水平儀の関連キーワードジャイロスコープジャイロ計器

今日のキーワード

やおら

[副]1 ゆっくりと動作を起こすさま。おもむろに。「やおら立ち上がる」2 静かに。そっと。「姫君、御硯(すずり)を―引き寄せて」〈源・橋姫〉[補説]文化庁が発表した平成18年度「国語に関する世論調査」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android