コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

水府豊春 すいふ とよはる

1件 の用語解説(水府豊春の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

水府豊春 すいふ-とよはる

?-? 江戸時代後期の浮世絵師。
常陸(ひたち)水戸の人。寛政-享和(1789-1804)のころ美人画,役者絵をえがく。同時代の歌川豊春と区別して「水府豊春」と署名。門人に豊政,篤麿がいる。作品に「潮来(いたこ)四目屋松人」「三世市川高麗蔵(こまぞう)の助六」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

水府豊春の関連キーワード鳥居清次文康葛飾北目清谷等舟斗雷ならや伊八文浪正歳森川保之