コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

潮来 いたこ

4件 の用語解説(潮来の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

潮来
いたこ

茨城県南東部,利根川下流域の水郷にある地域。 1889年町制。 1955年津知 (つち) ,延方 (のぶかた) ,大生原 (おおうはら) の3村と合体。 2001年牛堀町と合体し,市制 (→潮来市 ) 。古代から鹿島,香取,国府 (石岡) へ通じる交通の要地。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

いたこ【潮来】

茨城県南東部の市。利根川三角州にある。鹿島香取・息栖(いきす)の三社詣での中継地、霞ヶ浦北浦水運の中心として発展。水郷観光の中心地。人口3.1万(2010)。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

いたこ【潮来】

茨城県南東部の市。東部は北浦、西部は霞ヶ浦、南部は外浪逆浦そとなさかうらに接する水郷地帯。古くは水陸交通の要地。現在は水郷筑波国定公園の観光中心地。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

潮来
いたこ

茨城県南東部、行方(なめかた)郡にあった旧町名(潮来町(まち))。現在は潮来市の中央から東部を占める一地区。1889年(明治22)町制施行。1955年(昭和30)津知(つち)、延方(のぶかた)、大生原(おおうはら)の3村と合併。2001年(平成13)牛堀(うしぼり)町を編入して市制施行。JR鹿島(かしま)線と国道51号が通じ、東関東自動車道の潮来インターチェンジがある。『常陸国風土記(ひたちのくにふどき)』には板来(いたく)、中世には板久(いたく)と書かれ、近世になって潮来と改められた。中心地は常陸利根(ひたちとね)川に沿い、利根川の三角州にある低湿地で干拓地が多い。古代には海草、魚貝の産が多かったという。江戸時代は水戸藩領に属し、奥羽諸藩や常陸国の物資を利根川水運につなぐ中継港として栄え、仙台河岸(かし)、南部河岸の跡を残す。文人墨客の来遊も多く、水郷(すいごう)景勝地として知られていた。明治時代以後は霞ヶ浦(かすみがうら)・北浦水運の中心となり観光地化してきた。釣り、カモ猟のほか、アヤメ(ハナショウブ)の季節は、あやめ園、十二橋(香取(かとり)市加藤洲(かとうず))めぐりなど四季を通じて来遊する者が多い。鹿島臨海工業地域の発展により、住宅地、休養地としても発展している。米作が主で自動車部品工業がある。源頼朝(よりとも)の建立した長勝寺(ちょうしょうじ)には国指定重要文化財の梵鐘(ぼんしょう)や芭蕉(ばしょう)の句碑がある。[櫻井明俊]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

潮来の関連キーワード新利根川水郷稲敷利根川図誌牛堀[町]波崎[町]茨城県稲敷郡河内町茨城県猿島郡境町茨城県北相馬郡利根町犬供養

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

潮来の関連情報