水木 歌澄(読み)ミズキ カスミ

新撰 芸能人物事典 明治~平成の解説


職業
日本舞踊家

肩書
水木流東京水木会理事長

本名
半沢 マサエ(ハンザワ マサエ)

生年月日
大正3年 10月27日

出生地
岩手県 盛岡市

学歴
岩手女子師範附属高等科〔昭和3年〕中退

経歴
13歳の時に家族と上京、洋食レストランで働いて家計を支えた。一方、偶然に読んだ女優・飯田蝶子の自伝「いかにしてスターになったか」に感動し、飯田との縁で14歳で松竹蒲田のスター女優だった栗島すみ子の内弟子になり、踊りの指導も受けた。その後、水木流の坂東羽太蔵の通い内弟子となり、本格的に日本舞踊を学ぶ。傍ら、長唄、清元、常磐津、三味線も習い、15歳で代げいこ、4年目に歌澄の名で名取となった。昭和55年から東京水木会の理事長を務める。一方、20年疎開先の盛岡市に、日本舞踊の指導者を養成する日本初の舞踊学校・水木舞踊学校を創設。唄から三味線、鳴り物まで同時に指導する新方式の授業は高い評価を得、43年東京・大森に水木会館を開設するまでに発展。平成9年岩手県民会館で、創立50周年の記念舞踊会を開催した。

没年月日
平成21年 11月13日 (2009年)

出典 日外アソシエーツ「新撰 芸能人物事典 明治~平成」(2010年刊)新撰 芸能人物事典 明治~平成について 情報

今日のキーワード

児童相談所

子供の福祉に関する相談に応じ,援助などを行なう行政機関。児相と略称される。児童福祉法に基づき,都道府県と政令指定都市に設置が義務づけられている。運営は厚生労働省の局長通知,児童相談所運営指針にそって行...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android