コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

飯田蝶子 いいだ ちょうこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

飯田蝶子 いいだ-ちょうこ

1897-1972 大正-昭和時代の女優。
明治30年4月15日生まれ。大正12年松竹蒲田撮影所にはいり,喜劇的役柄端役をつとめる。小津安二郎の「一人息子」で好演し,小津映画の常連となる。戦後は「どっこい生きてる」などで庶民の中高年女性を演じ,テレビでも活躍。昭和47年12月26日死去。75歳。東京出身。上野高女中退。本名は茂原てふ。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

飯田蝶子の関連キーワード喜劇 にっぽんのお婆あちゃん馬鹿が戦車でやって来るやるぞみておれ為五郎飛び出したお嬢さん女ごころ誰か知る妻として女としてびっくり五十三次酔いどれ天使或る夜の殿様長屋紳士録女性対男性陽気な裏町南の風と波出来ごころ吉川 満子水木 歌澄岡村 文子小桜 葉子東京の風俗東京の合唱