水沼辰夫(読み)みずぬま たつお

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

水沼辰夫 みずぬま-たつお

1892-1965 大正-昭和時代の労働運動家。
明治25年4月25日生まれ。秀英舎(現大日本印刷)などではたらき,大正7年の活版工組合「信友会」結成尽力。9年日本社会主義同盟の発起人となり,11年全国総連合結成ではアナーキズム系労組を代表して活動した。戦後もアナーキズム運動の再建につとめた。昭和40年4月15日死去。72歳。栃木県出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

アラビックヤマト

ヤマト株式会社の液状のりのブランド名。1975年発売。スポンジキャップと速乾性が特徴。スタンダードのほか、先がカーブしている「エル」、太・細塗りが出来る「ツイン」、スポンジ部分を下にして置ける「さかだ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android