コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

水源保護 すいげんほごwater conservation

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

水源保護
すいげんほご
water conservation

上水道の原水が枯渇したり汚濁したりしないように,水源を保護すること。水源保護のためには河川への汚染物流入の防止,湖沼の汚濁防止が必要であり,1970年施行の水質汚濁防止法によって工場および事業所などから公共用水域に排出される水の水質が規制されるようになった。上水道の水質については,78年施行の水質基準に関する省令によって基準が設けられ,水銀,ヒ素,カドミウムクロムなどの重金属シアンなどの有毒物質や大腸菌群などの細菌が検出されないか,または基準内でなければならない。また,pH値や臭気,濁度などにも細かな基準が設けられている。さらに河川流域,湖沼付近の下水処理施設の整備,農薬,鉱水,家畜排泄物などの管理強化も必要とされる。また地下水が水源となることもあるので,地下水への汚染物質の流入防止,塩水の浸透防止が重要である。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

先輩証

文部科学省のOBなどが同省内に自由に出入りできる通行証のこと。同省の違法な天下りあっせん問題を受け、防止策の一環として2017年3月末で廃止(交付停止・使用禁止)となった。正式名称は「文部科学省先輩証...

続きを読む

コトバンク for iPhone

水源保護の関連情報