水溶性ビタミン(読み)スイヨウセイビタミン

大辞林 第三版の解説

すいようせいビタミン【水溶性ビタミン】

水にとける性質をもつビタミン。補酵素として生体内酵素反応に関係し、物質代謝に重要な役割を果たす。ビタミン B 複合体、ビタミン C の類。 → 脂溶性ビタミン

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

すいようせい‐ビタミン【水溶性ビタミン】

〘名〙 (ビタミンはVitamin) 一九一五年、アメリカのマッカラムオズボーンが初めて唱えたビタミンの分類名。発育促進因子としてのビタミンが、牛乳のバター部に含まれるものと、乳糖部に含まれるものとがあることを証明し、前者を脂溶性A、後者を水溶性Bと命名したのにはじまる。無蛋白脱脂乳、粗製乳糖、胚(はい)芽、米ぬか、肝、酵母、卵、レモン汁などの中に含まれ、ビタミンB・C・H・L・Pなど多くの種類がある。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の水溶性ビタミンの言及

【栄養】より

…現在20数種のビタミンが判明している。ビタミンは脂溶性ビタミンと水溶性ビタミンに大別される。前者にはビタミンA,D,E,Kなどが,後者にはビタミンB1,B2,Cなどがある。…

※「水溶性ビタミン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

口永良部島

鹿児島県南部,大隅諸島,屋久島の北西約 12kmにある火山島。活火山で,常時観測火山。屋久島町に属する。霧島火山帯に属し,西に番屋ヶ峰(291m),東に最高点の古岳(657m)と新岳(626m)があり...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

水溶性ビタミンの関連情報