水産機械(読み)すいさんきかい(英語表記)fishery equipment

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

水産機械
すいさんきかい
fishery equipment

水産物を採取したり,加工したりする機械の総称。漁労機械と水産加工機械に大別される。漁労機械は魚介類を採取するための機械器具で,捕鯨砲集魚灯魚群探知機トロールウインチ,綱や網の引揚げ機械などが中心である。水産加工機械は専用のものもあるが,他の食品加工機械と同種同機能のものも少くない。専用的性質の強いものは水産加工のうち練り製品 (かまぼこ,竹輪,魚肉ソーセージなど) をつくるための採肉機械,肉ひき機械,すりつぶしミル,また同種魚類の頭とはらわたを取るなどの作業の大量処理をする自動処理機械などである。干物や薫製をつくる熱風式乾燥機なども専用的性能が比較的に強い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

いざなぎ景気

1965(昭和40)年11月から70(昭和45)年7月にかけて57カ月続いた戦後最長の消費主導型景気拡大局面のこと。名目成長率は毎年2桁で推移した。これに先立つ1955~56年の「神武景気」や58年~...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android