コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

捕鯨砲 ホゲイホウ

デジタル大辞泉の解説

ほげい‐ほう〔‐ハウ〕【捕鯨砲】

捕鯨船に取り付けた、鯨を捕獲するための。長いをつけた(もり)を発射する。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

捕鯨砲【ほげいほう】

捕鯨用の砲。キャッチャーボート船首に装備され,(もり)を装備したときには砲身は水平となり,発射時には砲後部の取手により,上下左右に動かせる。砲は元込式で砲身の口径は大型船のもので90mm。
→関連項目キャッチャーボート

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

ほげいほう【捕鯨砲】

キャッチャー-ボートの船首に装備され、綱をつけた銛もりを火薬で打ち出す砲。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

捕鯨砲の関連キーワードcatcher boatキャッチャー弥勒 武吉泉井守一水産機械弥勒武吉ボート捕鯨船漁業先綱火薬鯨銛

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android