捕鯨砲(読み)ホゲイホウ

百科事典マイペディアの解説

捕鯨砲【ほげいほう】

捕鯨用の砲。キャッチャーボート船首に装備され,(もり)を装備したときには砲身は水平となり,発射時には砲後部の取手により,上下左右に動かせる。砲は元込式で砲身の口径は大型船のもので90mm。発射時の衝撃はオイルダンパーにより緩衝される。銛は鋳鋼製で先端部の空洞に火薬が入り,命中すると爆発し銛爪が開く。射程は平頭型(円錐の先を切った銛先で,日本の発明)で70m内外。
→関連項目キャッチャーボート

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

ほげいほう【捕鯨砲】

キャッチャーボートの船首に装備され、綱をつけた銛もりを火薬で打ち出す砲。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ほげい‐ほう ‥ハウ【捕鯨砲】

〘名〙 捕鯨船の船首上甲板にとりつけてあり、綱の一方の端を船に、他端を銛(もり)に固着して発射し、鯨を捕獲するための砲。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

捕鯨砲の関連情報