水病(読み)すいびょう(英語表記)shuǐ bìng

世界大百科事典 第2版の解説

すいびょう【水病 shuǐ bìng】

中国医学における病名。水は中国伝統医学で気,血などとともに重視されている要因であるが,痰などもその異常によって生ずるというように,現在の知識とは少し異なった解釈も加えている。水病は水の代謝異常に起因する病気で,水気病という語も用いられている。水病のうちでもっとも重要なものは水腫であるが,医家によって解釈に違いがあり,さまざまに分類されている。すなわち《金匱(きんき要略》は風水,皮水,正水などがあるとし,《諸病源候論》は青水赤水黄水などの十水(10種の水病)のほかに皮水,毛水なども記載し,二十四水というような分類をした人もあることを伝えている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android