コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

水病 すいびょうshuǐ bìng

世界大百科事典 第2版の解説

すいびょう【水病 shuǐ bìng】

中国医学における病名。水は中国伝統医学で気,血などとともに重視されている要因であるが,痰などもその異常によって生ずるというように,現在の知識とは少し異なった解釈も加えている。水病は水の代謝異常に起因する病気で,水気病という語も用いられている。水病のうちでもっとも重要なものは水腫であるが,医家によって解釈に違いがあり,さまざまに分類されている。すなわち《金匱(きんき要略》は風水,皮水,正水などがあるとし,《諸病源候論》は青水赤水黄水などの十水(10種の水病)のほかに皮水,毛水なども記載し,二十四水というような分類をした人もあることを伝えている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

水病の関連キーワードトーマス・クリフォード オールバット減圧症(潜水病/潜函病)おもな感染症と病原体ブルームの日本人墓地狂犬病(恐水病)長良川河口堰高圧治療室中国医学潜水夫病ダイバー潜水医学減圧症クジラ潜水具潜水病溶解度狂犬病潜函病アユ潜水

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android