水道汚染罪(読み)スイドウオセンザイ

デジタル大辞泉の解説

すいどうおせん‐ざい〔スイダウヲセン‐〕【水道汚染罪】

水道水やダムなどの水源浄水施設の水を汚染して使用できなくする罪。刑法第143条が禁じ、6か月以上7年以下の懲役に処せられる。
[補説]本罪は毒物によらない汚染が対象。毒物による汚染は、より刑の重い水道毒物等混入罪となる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

配偶者

夫婦の一方からみた他方。配偶者としての身分は、婚姻によって取得し、婚姻の解消によって失う。親族ではあるが、親等はない。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android