コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

浄水場 ジョウスイジョウ

デジタル大辞泉の解説

じょうすい‐じょう〔ジヤウスイヂヤウ〕【浄水場】

水源から取り入れた水を化して、飲料に適する安全な水質に処理する施設。沈殿池濾過池(ろかち)・浄水池などからなる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

浄水場【じょうすいじょう】

河川水・地下水等上水道の原水の土砂,浮遊物,細菌等を沈殿・濾過(ろか)・滅菌する設備の総称。導水路で送られた水は沈殿池を経て,濾過池に送られ砂層を通って細菌・浮遊物を濾過,さらに滅菌室等で塩素滅菌され,配水池に送られ供給される。
→関連項目原虫クリプトスポリジウムトリハロメタン

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

じょうすいじょう【浄水場】

水道の水を浄化する施設。多く上水道の場合にいい、沈殿池・濾過ろか池・浄水池などを備える。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

浄水場
じょうすいじょう
purification plantfilter plant

水を飲用、工業用などの用途目的にあうように処理(浄化)する施設をいい、一般的には上水道の浄水場をさす。良質の水源が十分に得られる場合には比較的簡単な処理(濾過(ろか)と殺菌)で足りるが、河川水を取水する場合は少なくとも粘土粒子や藻類など水中懸濁物の除去と殺菌とは欠かせない。さらに上流域の人口や産業活動が増大し人為的汚染の度合いが増すにしたがい、水道水の安全を保ち、さらに不快な臭味を除くために、吸着や酸化の工程を加えた複雑高度な水処理を必要とする。[小林三樹]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の浄水場の言及

【上水道】より

…これらの実施設計と施工はすべて日本人の手によってなされ,開港地の横浜,函館,長崎に続き,91年には東京市が人口200万人を対象とした水道工事に着手した。東京では3開港地と異なり,1654年から通水していた玉川上水の取水・導水施設をそのまま新水道に転用できたので,改良水道として新設したのは浄水場と市内の給・配水施設であった。すなわち郊外の台地(現在の新宿副都心地区)に広大な沈殿池とろ過池をもつ浄水場をつくり,そこで浄化した水を蒸気動ポンプで加圧して市内の高台(芝と本郷)に設けた配水池へ送り,そこから市街地内に埋設した配水管(鉄管)を経て有圧で給水するものであった。…

※「浄水場」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

浄水場の関連キーワード神奈川県横浜市保土ケ谷区川島町姫路市水道資料館水の館大阪府大阪市東淀川区群馬県桐生市元宿町前橋市水道資料館水道事業の広域化高度浄水処理施設エアレーション芦屋市六麓荘町阪神水道企業団ヒ素とマンガン埼玉県朝霞市ジアルジア症秋ヶ瀬取水堰千苅貯水池生田浄水場九州鋳鉄管琵琶湖疏水中空糸膜月島機械

浄水場の関連情報