水道毒物等混入及び同致死罪(読み)スイドウドクブツトウコンニュウオヨビドウチシザイ

デジタル大辞泉の解説

すいどうどくぶつとうこんにゅうおよびどうちし‐ざい〔スイダウドクブツトウコンニフおよびドウチシ‐〕【水道毒物等混入及び同致死罪】

水道水やダムなどの水源、浄水施設の水に毒物を混入する罪。刑法第146条が禁じ、2年以上の有期懲役に処せられる。また、この行為で人を死なせた場合は、死刑または無期もしくは5年以上の懲役に処せられる。水道毒物混入及び同致死罪水道毒物等混入罪水道毒物混入罪水道毒物等混入致死罪水道毒物混入致死罪

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

エミュー

ヒクイドリ目エミュー科。ダチョウに似た大型の飛べない鳥。オーストラリア固有種で,国鳥。全長 140~164cm,背丈 150~190cmで,雌のほうがやや大きい。翼は羽毛に覆われて見えないが,約 20...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android