水霜(読み)ミズシモ

  • みずしも みづ‥
  • みずしも〔みづ〕

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 露のこと。まだ霜の形をなさない冷たい露。また、露が凍ってなかば霜になったもの。露霜。《季・秋》
※忠見集(960頃)「風さむみこほれるたにのみづしもにはるくることをとくとまつらし」
② 分娩(ぶんべん)に先立って子宮から出る液。羊水。
※滑稽本・続膝栗毛(1810‐22)四「ハテ懐胎のお脉とは見えませぬが、いこくだりょりますか。〈略〉水じもの下りよるのであらずに」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android