水霜(読み)みずしも

精選版 日本国語大辞典「水霜」の解説

みず‐しも みづ‥【水霜】

〘名〙
のこと。まだの形をなさない冷たい露。また、露が凍ってなかば霜になったもの。露霜。《・秋》
※忠見集(960頃)「風さむみこほれるたにのみづしもにはるくることをとくとまつらし」
分娩(ぶんべん)に先立って子宮から出る液。羊水
※滑稽本・続膝栗毛(1810‐22)四「ハテ懐胎のお脉とは見えませぬが、いこくだりょりますか。〈〉水じもの下りよるのであらずに」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「水霜」の解説

みず‐しも〔みづ‐〕【水霜】

晩秋に、露が凍ってなかば霜になったもの。露霜。 秋》

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

プラスチックワード

意味のあいまいなままに、いかにも新しい内容を伝えているかのように思わせる言葉。プラスチックのように自由に組み合わせ、さまざまな分野で手軽に使える語をさす。ドイツの言語学者ベルクゼンが提唱。「国際化」「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android