コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

氷霰 コオリアラレ

デジタル大辞泉の解説

こおり‐あられ〔こほり‐〕【氷×霰】

雪霰(ゆきあられ)が芯(しん)となり、外側に氷の層ができた、透明または半透明の固い粒。直径5ミリ未満のものをいう。→

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

こおりあられ【氷霰】

降水の一。直径2~5ミリメートルの半透明の球形または円錐形の氷の粒。水滴の凍ったもので、普通、積乱雲から雨に先行して降る。 → 雪霰

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

氷霰の関連キーワード氷あられ円錐形雪霰

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android