永井 素岳(読み)ナガイ ソガク

20世紀日本人名事典の解説

永井 素岳
ナガイ ソガク

明治・大正期の書家(松花堂流)



生年
嘉永5年(1852年)

没年
大正4(1915)年5月14日

出生地
江戸

経歴
江戸・銀座の料理屋・玉の井の長男として生まれる。明治維新後、弟に家督を譲り各地を放浪書家として活動する傍ら、歌舞伎三味線音楽に通じ、清元青海波」、長唄多摩川」などの作詞を手がけた。音楽学校邦楽調査委員なども務めた。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

今日のキーワード

正義マン

倫理上問題がある行為などに対して過剰に反応し、正義感を振りかざして騒ぐ人を指すインターネットスラング。2019年10月の消費税増税と軽減税率制度の実施に伴って「イートイン脱税」が発生した際、これを店員...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android