コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

永井直期 ながい なおざね

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

永井直期 ながい-なおざね

1703-1765 江戸時代中期の大名。
元禄(げんろく)16年3月3日生まれ。大和(奈良県)新庄藩主永井直円(なおみつ)の5男。永井直英の養子となり,正徳(しょうとく)5年摂津高槻(たかつき)藩(大阪府)藩主永井家6代。享保(きょうほう)元年近江(おうみ)滋賀郡の検地を担当した。外桜田門番,京都火消役をつとめ,以後代々京都火消役となる。明和2年4月22日死去。63歳。通称は文九郎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

永井直期の関連キーワード伊藤介亭永井直行永井直珍