コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

永井美之 ながい よしゆき

1件 の用語解説(永井美之の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

永井美之 ながい-よしゆき

1939- 昭和後期-平成時代のウイルス感染学者。
昭和14年8月18日生まれ。昭和59年名大教授。平成5年東大教授。のち国立感染症研究所エイズ研究センター長などをへて,17年理化学研究所感染症研究ネットワーク支援センター長。病原ウイルスの感染にかんする「プロテアーゼ(蛋白分解酵素)依存性感染論」を提唱してフンボルト賞,野口英世記念医学賞などを受賞。エイズウイルス病原性研究などで12年武田医学賞。20年「パラミクソウイルス病原性の分子基盤の解明と新規発現ベクターの創出」で学士院賞。岐阜県出身。名大卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

永井美之の関連キーワード石田名香雄花房秀三郎ライノウイルス井上達夫大谷明岡田吉美河井貞明中西陽一日沼頼夫吉田光昭

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

永井美之の関連情報