紫雲(読み)シウン

大辞林 第三版の解説

しうん【紫雲】

紫色の雲。仏教で、念仏を行う者が死ぬとき、仏が乗って来迎するとされる雲。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

し‐うん【紫雲】

〘名〙 むらさき色の雲。めでたいしるしとされ、念仏行者の臨終などにあたって、阿彌陀仏がこの雲に乗って来迎(らいごう)するという。
文徳実録‐仁寿二年(852)二月丙辰「播磨国言、紫雲見」
※宇治拾遺(1221頃)一三「観音、蓮台をさしあげて、聖のまへにより給ふに、紫雲あつくたなびき」 〔南史‐宋文帝紀〕
[補注]神仙・道教思想に源があり、徳の高い天子・君子が在位する時に現われるとされる。「文徳実録」の例は和気仲世を讚美したもので、仲世の死とかかわって述べている。仏教では、紫雲は念仏行者の臨終が正しく浄土往生であることを証明するものとされた。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

紫雲の関連情報