コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

紫雲 シウン

デジタル大辞泉の解説

し‐うん【紫雲】

紫色の念仏行者が臨終のとき、仏が乗って来迎(らいごう)する雲。吉兆とされる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しうん【紫雲】

紫色の雲。仏教で、念仏を行う者が死ぬとき、仏が乗って来迎するとされる雲。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

紫雲の関連キーワード香川県三豊市詫間町大浜大阪府吹田市山田東プイ族(布依族)紫雲丸沈没事故鍋沢ワカルパ長崎惣之助紫雲丸事故金戒光明寺高地性集落聖衆来迎寺香東川公園橋本 徹馬コポアヌ海眼浄光黄檗祖関荘内半島青木清子栗林公園亀井東渓河野省三

今日のキーワード

だまされたふり作戦

「振り込め詐欺」に代表される特殊詐欺事件の警察による捜査手法の一つで、振り込め詐欺と思われる不審な電話があった時、被害者が協力してだまされたふりをし、容疑者の電話番号、振込先、訪問時間などを聞き出し、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

紫雲の関連情報