コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

修禅寺 シュゼンジ

百科事典マイペディアの解説

修禅寺【しゅぜんじ】

修善寺とも書く。静岡県伊豆市にある曹洞宗の寺。本尊大日如来。空海の弟子杲隣(こうりん)が真言宗の寺として創建という。鎌倉初期ここで源範頼・頼家が幽殺され,次いで蘭渓道隆がきて臨済宗に改めた。
→関連項目修善寺[町]源範頼源頼家

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

修禅寺

静岡県伊豆市にある寺院。807年創建。曹洞宗。本尊の大日如来像は国の重要文化財に指定。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しゅぜんじ【修禅寺】

静岡県田方郡修善寺町にある曹洞宗の寺。修善寺とも書かれた。山号は走湯山,肖廬(しようろ)山。延暦年間(782‐806)に空海の弟子杲隣(こうりん)によって創建と伝えられ,もと真言宗であった。その後,鎌倉時代に来朝僧蘭渓道隆が入住して以来臨済宗となり,1259年(正元1)には一山一寧当寺に住している。しかし当寺が発展するのは,北条早雲が一族出身の僧隆渓繁紹を住職にすえ,外護を加えてからである。隆渓は三河石雲院の崇芝性岱(そうししようたい)の弟子であるが,この結果当寺は曹洞宗となった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

しゅぜんじ【修禅寺】

伊豆市修善寺にある曹洞宗の寺。別称、桂谷山寺。山号、肖盧しようろ山・走湯山。798年空海の弟子杲隣こうりんの創建という。真言宗から臨済宗に転じ、室町末期に北条早雲の一族隆渓りゆうけいによって曹洞宗に改宗。源範頼のりよりや源頼家がここで幽閉され殺された。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

修禅寺
しゅぜんじ

静岡県伊豆市にある曹洞(そうとう)宗の寺。修善寺とも書いた。肖廬山(しょうろさん)と号する。通称お弘法(くぼう)さん。開山は弘法(こうぼう)大師空海の高弟である杲隣(こうりん)。初めは真言宗であったが、建長(けんちょう)年間(1249~56)宋(そう)の禅僧蘭渓道隆(らんけいどうりゅう)が鎌倉からきてこの寺に入ったとき臨済宗となり、さらに1489年(延徳1)隆渓繁紹(りゅうけいはんしょう)によって曹洞宗に変わった。源範頼(のりより)は兄頼朝(よりとも)によってこの寺に幽閉され、1193年(建久4)梶原景時(かじわらかげとき)に襲われて自刃した。また、1204年(元久1)には北条時政(ときまさ)に幽閉された源頼家(よりいえ)がここで殺された。その史実を描いた岡本綺堂(きどう)の戯曲『修禅寺物語』は名高い。宝物館には頼家の顔を面作り師夜叉王(やしゃおう)が写したという古面や、放光般若波羅蜜多(はんにゃはらみった)経などがある。近くの指月(しげつ)ヶ丘には北条政子(まさこ)が頼家の冥福(めいふく)を祈るために建てた指月殿(宋版一切経(いっさいきょう)を納めるため一切経堂ともいう)と頼家の墓がある。[菅沼 晃]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

修禅寺の関連キーワード市川左団次(二代)豊田県立自然公園じゃによって修禅寺宝物殿源頼家(2)修善寺[町]修善寺〈町〉岡本 綺堂豊田[町]久保田米斎修禅寺物語市川左団次文芸倶楽部修善寺温泉新歌舞伎高野眞二岡本綺堂丹羽廉芳狗留孫山夜叉王

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

修禅寺の関連情報