コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

永寧寺塔 えいねいじとうYŏng níng sì tǎ

世界大百科事典 第2版の解説

えいねいじとう【永寧寺塔 Yŏng níng sì tǎ】

北魏の洛陽城内にあった中国建築史上有数の高大な塔。516年(熙平1)着工,519年(神亀2)竣工。工匠郭安興。534年(永熙3)焼失。方形,木造の九重塔で,塔刹に金の宝瓶と十一重の相輪をのせ,上層まで人が登れた。近年の発掘調査により,38.2m四方,高さ2.2mの基壇で,柱間9間四方,最内周と最外周の4隅に4本柱を立て,計124本の柱が林立し,このうち7間四方分を日乾煉瓦でふさいだ平面が検出された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

永寧寺塔の関連キーワード北魏

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android