コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

永寧寺塔 えいねいじとう Yŏng níng sì tǎ

1件 の用語解説(永寧寺塔の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

えいねいじとう【永寧寺塔 Yŏng níng sì tǎ】

北魏の洛陽城内にあった中国建築史上有数の高大な塔。516年(熙平1)着工,519年(神亀2)竣工。工匠は郭安興。534年(永熙3)焼失。方形,木造の九重塔で,塔刹に金の宝瓶と十一重の相輪をのせ,上層まで人が登れた。近年の発掘調査により,38.2m四方,高さ2.2mの基壇で,柱間9間四方,最内周と最外周の4隅に4本柱を立て,計124本の柱が林立し,このうち7間四方分を日乾煉瓦でふさいだ平面が検出された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

永寧寺塔の関連キーワード孝文帝少林寺宋雲洛陽伽藍記竜門石窟永寧寺太液道武帝洛邑時雨亭

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone