コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

永根文峯 ながね ぶんぽう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

永根文峯 ながね-ぶんぽう

1802-1833 江戸時代後期の書家。
享和2年生まれ。江戸の人。一時播磨(はりま)(兵庫県)姫路藩の儒者をつとめた。18歳のときにかいた「観濤処」の文字が播磨印南郡(いなみぐん)加茂山崖の岩石にきざまれている。天保(てんぽう)4年3月29日死去。32歳。名は奕孫(つたざね)。通称は右八郎,卯八郎,亦太郎。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

永根文峯の関連キーワード工場法産業革命史(年表)ハーシェルグエン(阮)朝ドニエプロペトロフスク尚温王十返舎一九グエン朝常磐津兼太夫ドニエプロペトロフスク

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android