コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

永機 エイキ

デジタル大辞泉の解説

えいき【永機】

[1823~1904]幕末・明治の俳人。姓は穂積。父、6世其角堂鼠肝(きかくどうそかん)のあとを継ぎ、7世其角堂。のち老鼠堂(ろうそどう)と号した。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

永機 えいき

⇒穂積永機(ほづみ-えいき)

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

えいき【永機】

1823‐1904(文政6‐明治37)
幕末・明治前半の俳人。江戸の生れ。其角堂(きかくどう)永機とも称す。本名穂積善之。榎本其角の流れにつらなる江戸座系の俳人,鼠肝(そかん)の長男であり,1870年(明治3)に父から7世其角堂を継承した。87年,田辺機一に其角堂を譲り,以後は老鼠堂と号した。同年,芭蕉二百回忌法要を義仲寺で行い,その献句や歌仙をまとめて《元禄明治枯尾花》(1893)を出版した。永機の句は,〈枯れて後尾花にかゝる雲もなし〉などが収録されている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

367日誕生日大事典の解説

永機 (えいき)

生年月日:1823年10月10日
江戸時代;明治時代の俳人
1904年没

出典|日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について | 情報

永機の関連キーワード深川湖十(2代)穂積永機(1)初代深川湖十俳句(文学)田辺 機一小平 雪人其角堂永機斎藤緑雨吉永機械明治時代生年月日細木香以村瀬湖十矢部指直岡田機外

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android