コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

永田維馨 ながた これか

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

永田維馨 ながた-これか

?-1827* 江戸時代後期の七弦琴奏者。
伊勢(三重県)津の商家に生まれる。近世の七弦琴の祖心越興儔(しんえつ-こうちゅう)の系譜をひく杉浦梅岳にまなぶ。法隆寺蔵の雷氏琴など古琴の模図をつくった。幕府奥医師桂川甫周と親交をむすんだ。文政9年12月23日死去。字(あざな)は子蘭。通称は九郎作。号は蘿道。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

永田維馨の関連キーワードカニングアーベルカニングシュトラウスソル冬の旅ゴーブルブラックマーティンマクシモビッチ

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android