コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

永田維馨 ながた これか

1件 の用語解説(永田維馨の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

永田維馨 ながた-これか

?-1827* 江戸時代後期の七弦琴奏者。
伊勢(三重県)津の商家に生まれる。近世の七弦琴の祖心越興儔(しんえつ-こうちゅう)の系譜をひく杉浦梅岳にまなぶ。法隆寺蔵の雷氏琴など古琴の模図をつくった。幕府奥医師桂川甫周と親交をむすんだ。文政9年12月23日死去。字(あざな)は子蘭。通称は九郎作。号は蘿道。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

永田維馨の関連キーワードカニング冬の旅マキシモヴィッチナバリノの海戦カニング伊藤解析河井継之助(かわい・つぎのすけ)県の周産期救急医療システム小栗上野介忠順(ただまさ)薬の調剤ミス

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone