コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

永見伝三郎 ながみ でんざぶろう

2件 の用語解説(永見伝三郎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

永見伝三郎 ながみ-でんざぶろう

1831-1899 幕末-明治時代の貿易商,銀行家。
天保(てんぽう)2年生まれ。貿易,大名貸で産をなした永見屋に生まれる。明治5年松田源五郎と永見松田商社(のち立誠社)を設立。国立銀行条例の改正で,10年第十八国立銀行にあらため,初代頭取となった。明治32年8月27日死去。69歳。肥前長崎出身。名は英昌。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

永見伝三郎

没年:明治32.8.27(1899)
生年:天保2(1831)
幕末明治初期の長崎の豪商,銀行家。輸入薬種,砂糖などの大問屋で薩摩(鹿児島)藩の御用商人でもあった長崎本町町人永見福十郎の3男。長崎生まれ。長兄徳太郎(初代)が早世したのちも本家永見家を守り立てながら,薩摩藩の五代友厚とも交渉を持ち,五代の貿易事業にも深くかかわった。維新後,旧産物会所(糸割符,俵物会所)の貸付金整理を行う協力社の一員となったが,明治5(1872)年1月,松田源五郎と共同で永見松田商社(のち立誠社)を創立し,近代的金融機関の設立をめざした。10年12月20日,長崎で第十八国立銀行を開業し(資本金16万円),初代頭取に就任。<参考文献>『十八銀行100年の歩み』,宮本又次『五代友厚伝』

(高嶋雅明)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

永見伝三郎の関連キーワード議官銀行家豪商文部卿小曾根乾堂清水喜助(2代)シャンド村田房之助森永助一鶴

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone