コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

永見徳太郎 ながみ とくたろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

永見徳太郎 ながみ-とくたろう

1890-1950 大正-昭和時代の劇作家,美術研究家。
明治23年8月5日生まれ。生地長崎で倉庫業をいとなむ俳句・小説を書く一方,長崎をおとずれた芥川竜之介ら著名人と交遊,長崎の紹介につとめる。南蛮美術品の収集・研究家としても知られた。昭和25年10月23日死去。60歳。号は夏汀。著作に戯曲集「愛染艸」,「長崎版画集」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

永見徳太郎の関連キーワード昭和時代劇作家大正

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android