氾濫玄武岩(読み)はんらんげんぶがん(英語表記)flood basalt

岩石学辞典の解説

氾濫玄武岩

莫大な量の玄武岩熔岩流の蓄積で,普通は台地玄武岩と呼んでいる.ティレルによればflood bsaltは割れ目噴火の第一期に広域的に噴出したもので,局所的な中心火山を経て最後に全地域での小規模な貫入へと変化する.これらは地下に起源があり火山砕屑物を伴っている[Tyrrell : 1937].これらの氾濫玄武岩は100 000km2を超える莫大な面積で,100 000km3以上の体積がある.これらは一回で噴出したものではなく独立した熔岩は20m以上の厚さで1 000km2以上の広がりのものがある.

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android