コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

台地玄武岩 ダイチゲンブガン

4件 の用語解説(台地玄武岩の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

だいち‐げんぶがん【台地玄武岩】

洪水玄武岩

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

岩石学辞典の解説

台地玄武岩

世界各地の広大な熔岩台地を構成している玄武岩で,これらの玄武岩は分布地域や生成時代を通じてある種の共通性をもっているので,特に台地玄武岩呼ばれるソレアイト質またはアルカリ玄武岩本源マグマが多数の狭い火道から流出したり,地殻に生じた巨大な割れ目から溢れ出て四方に広がり固結したものと考えられている.台地の玄武岩全体の厚さは極めて大きいが,一枚の玄武岩層の厚さは数mから20mくらいで,まれに100mに達し,膨大な数の玄武岩層がほぼ水平に重なり全体として厚い玄武岩台地を形成している[片山ほか : 1970].⇒熔岩台地

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

だいちげんぶがん【台地玄武岩 plateau basalt】

大陸地域で広く分布する玄武岩質の溶岩台地の岩石。台地玄武岩をつくる火山活動は,長い割れ目火口から大量の溶岩を静かに流出したと推定される。1枚の溶岩流の厚さは50m以内,台地全体としては噴出源に平行岩脈群がみられ,周囲では多数の溶岩が重なっている。一つの台地玄武岩の規模は厚さ500~2000mで20万~200万km2の地域を覆い,その体積は20万~150万km3に達する。一つの台地玄武岩をつくる火山活動は数百万年かかったと見積もられる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

だいちげんぶがん【台地玄武岩】

大量に噴出し、広大な台地をつくっている玄武岩。デカン高原や北アメリカのコロンビア台地など。高原玄武岩。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

台地玄武岩の関連キーワード根釧台地ペディオニーテ溶岩台地普天火山裂罅熔岩台地塊状および灰状熔岩流圧力台地大陸台地玄武岩シベリア台地

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone