コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

求償貿易 きゅうしょうぼうえきbarter trade

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

求償貿易
きゅうしょうぼうえき
barter trade

バーター貿易ともいう。元来物々交換の意味であったが,現在は輸出と輸入を一つの為替決済方式で互いに結びつける貿易形態をいう。具体的には,(1) 取引する両者が同時に信用状を開設するバック・トゥ・バック方式,(2) 先に輸入した者がその代金を為替銀行に振込み,あとから輸入した者がその勘定をくずすというエスクロー方式,(3) 一方が輸入信用状を出し,相手方は一定期間内に必ず見返り信用状を開設する旨の銀行の保証状の差入れを行うトーマス方式などがある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

きゅうしょう‐ぼうえき〔キウシヤウ‐〕【求償貿易】

バーター貿易

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

求償貿易【きゅうしょうぼうえき】

バーター貿易

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

求償貿易の関連キーワード管理貿易

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android