コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

信用状 しんようじょう letter of credit

翻訳|letter of credit

8件 の用語解説(信用状の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

信用状
しんようじょう
letter of credit

銀行による自行の他店ないしは他行に対する支払委託状ないしは支払保証状。 (1) 旅行信用状 銀行が,旅行者の依頼により,その支店または取引先に対して所定の限度内でかつ一定の条件に基づいて依頼人が振出した一覧払い手形を買取るように委託する書面。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

信用状

輸入業者が外国貿易で支払う代金を銀行が保証する際に発行する証書。輸入業者は代金を事前に支払う必要がなくなる一方、輸出業者も代金未回収への不安がなくなるメリットがある。銀行は輸入業者の経営状況を審査し、十分に資金があると判断した場合に発行する。代金を保証する際、銀行は信用状と船荷書類の内容が一致するかどうかチェックする。

(2011-10-18 朝日新聞 朝刊 1社会)

信用状

輸入業者が外国貿易で支払う代金を銀行が保証する際に発行する証書。輸入業者は代金を事前に支払う必要がなくなる一方、輸出業者も代金未回収への不安がなくなるメリットがある。銀行は輸入業者の経営状況を審査し、十分に資金があると判断した場合に発行する。代金を保証する際、銀行は信用状と船荷書類の内容が一致するかどうかチェックする。

(2011-10-18 朝日新聞 朝刊 1社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

しんよう‐じょう〔‐ジヤウ〕【信用状】

銀行が取引先の依頼に応じて、その信用を保証するために発行する証書。発行銀行は、信用状における一定の条件のもとで、自己または買い主にあてて売り主が振り出す手形の引き受け支払いを保証する。一般に、輸入者の依頼による荷為替信用状商業信用状)をいう。LC

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

信用状【しんようじょう】

銀行が取引先の依頼によって依頼人の信用を保証するために発行する証書。letter of creditを略してL/Cともいう。発行銀行は,自己または特定の者を支払人とする手形振出しの権限を,一定の金額と期日を限って依頼人の指定する者に与え,あるいは振り出された手形の買取りを特定銀行に委嘱するが,ふつう発行銀行は手形の引受け・支払いを保証する。
→関連項目アクセプタンスクリーン・ビルスタンドバイ・クレジット貿易統計

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

しんようじょう【信用状 letter of credit】

銀行が取引先の依頼に応じて,その信用を補うため第三者に対し一定の保証を与えることを目的として発行する証書をいう。単にクレジットともいわれ,一般にL/Cと略称される。信用状発行銀行は,自己または特定の銀行を支払銀行と定め,発行依頼人の指定する者(信用状の受益者beneficiary)に手形を振り出す権限を与え,あるいはこうして振り出された手形に対する引受け,支払または買取りを特定の銀行に授権する。多くの場合,信用状は発行銀行がこれを受益者に通知した以上,信用状の当事者すべての同意がない限り,その引受けや支払等の保証ないし確約を取り消したり,条件を変更することができない内容となっている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

しんようじょう【信用状】

取引先の振り出した手形に対して、銀行が一定の責任を負う旨を記載した書面。銀行が取引先の依頼によって発行する。一般には、輸入商の依頼による商業信用状をいう。 L / C 。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

信用状
しんようじょう
letter of credit

輸入者の取引銀行が、輸入者の依頼により、輸出者の振り出した手形(船積書類のついた手形、つまり荷為替(にがわせ)手形)の引受け、支払いを約束する保証書。一般にL/Cと略称し、商業信用状または荷為替信用状ともいう。
 信用状は、貿易決済の安全性を保証し、貿易金融を容易にして貿易取引を円滑にする機能をもっている。信用状があれば、輸出者は輸入者の支払い不履行を避けうる(決済上の危険回避)。さらに輸出品の船積み後に商品代金をただちに回収でき、輸入者は商品代金を前払いすることが不要となる(輸出入者への金融上の便宜)。信用状が発行される場合、輸入者のことを発行依頼人、銀行を発行銀行といい、そして輸出者は、振り出した手形が信用状により銀行の買取りを約束されているという利益を受けるから、受益者という。これらを信用状に関与する基本的な当事者という。信用状には、その発行を受益者に通知した以上は、関係当事者全員の同意がない限り、発行の取消しや条件変更のできない取消不能信用状irrevocable creditや、受益者になんらの予告なしに一方的に発行の取消しや条件変更ができる取消可能信用状revocable creditなどがある。信用状については、それをめぐる紛争をなくすため信用状統一規則(「荷為替信用状に関する統一規則および慣例」)が国際商業会議所において制定されている。
 なお、信用状には、このような貿易取引の決済手段として使用される商業信用状のほかに旅行信用状があるが、単に信用状という場合には一般に商業信用状のことを意味している。[田中喜助]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

信用状の関連キーワード為替取引銀行引受手形支払承諾荷為替信用状旅行信用状確認信用状銀行信用信用調査データマンLC

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

信用状の関連情報