汚斑病(アカクローバ)

飼料作物病害図鑑の解説

汚斑病(アカクローバ)

葉に斑点を形成する糸状菌病。初め黄色く変色した大きな病変であるが、これが変し、葉脈により区切られた特徴的なV字型病斑となる。葉柄を侵されるとそ の先が萎凋し、すぐに枯死する。激発すると株全体が焼けただれたように見え、収量減少も大きい。古い葉よりも若い葉で被害が大きい。梅雨時以降の気温が かなり上昇した時点で多発する。他のクローバ類でも発生する。

出典 畜産草地研究所飼料作物病害図鑑について 情報

今日のキーワード

指定感染症

感染症法(感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律)の一類~三類感染症に分類されていない感染症のうち、一類~三類に相当する対応の必要が生じたものについて、1年間を期限に政令で指定する感染症...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android