汚行(読み)おこう

精選版 日本国語大辞典「汚行」の解説

お‐こう ヲカウ【汚行】

〘名〙 不道徳な行ない。いやしい行ない。悪行。
※明六雑誌‐三二号(1875)妾説の疑〈阪谷素〉「而して妾には必重税を賦す。凡華族官員にして醜状行ある者は其法律を定て平人より重くす」 〔管子‐小匡〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「汚行」の解説

お‐こう〔ヲカウ〕【汚行】

道徳に外れた不名誉な行い。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「汚行」の解説

【汚行】おこう(をかう)

けがれたおこない。穢行。〔史記、鄒陽伝〕今~回面汚行し、以て諂(てんゆ)の人に事(つか)へ、左右に親するを求めしめんと欲す。則ち士は堀巖巖(叢)の中に伏死せんのみ。

字通「汚」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android