コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

江副孫右衛門 えぞえ まごえもん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

江副孫右衛門 えぞえ-まごえもん

1885-1964 昭和時代の実業家。
明治18年2月6日生まれ。東京高工(現東京工業大)窯業科を卒業して,明治42年日本陶器にはいる。大正8年日本碍子(がいし)にうつり,昭和14年社長。24年東洋陶器社長となった。昭和39年8月24日死去。79歳。佐賀県出身。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

江副孫右衛門
えぞえまごえもん
(1885―1964)

碍子(がいし)技術者。佐賀県有田の陶業者江副八蔵の長男に生まれる。有田工業学校、東京高等工業学校(現、東京工業大学)窯業科を卒業し、1909年(明治42)に日本陶器合名会社(現、ノリタケカンパニーリミテド)に入社。同社から分離した日本碍子株式会社(現、日本ガイシ)に移り、工務部長、社長となり、25年間同社で特別高圧碍子・点火栓・化学磁器などの創製に尽力した。とくに遠距離高圧送電網確立の時代に、鈴木巳代三(1896―1957)とともに世界最強の碍子素地を完成し、重油焼成法を実現した業績に対し、1953年(昭和28)に日本化学会化学技術賞が授与された。その碍子製品は同社超高圧研究所内の碍子博物館に保存されている。[山崎俊雄]
『小出種彦著『江副孫右衛門――近代陶業史上の一人間像』(1961・江副孫右衛門伝記纂集会)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

江副孫右衛門の関連キーワードノリタケカンパニーリミテド日本ガイシ昭和時代実業家

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android