コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

江市屋格子 エイチヤゴウシ

デジタル大辞泉の解説

えいちや‐ごうし〔‐ガウシ〕【江市屋格子】

細い桟を縦にごく狭い間隔で打ちつけた窓格子。中からは外が見えるが、外からは中が見えにくい。元禄(1688~1704)のころ、江戸の商人江市屋宗助の考案という。江市格子。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

えいちやごうし【江市屋格子】

〔元禄(1688~1704)の頃、江戸の町人江市屋宗助の創案という〕
窓格子の一。三角に削った桟を、わずかなすき間を置いて並べて打ちつけたもの。えいちごうし。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

江市屋格子の関連キーワード創案

今日のキーワード

チームパシュート

スピードスケートや自転車競技の一。複数人でチームを組み、隊列を組んで一定の距離を走り、速さを競うもの。団体追い抜き競技。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android