江陰(読み)こういん

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

江陰
こういん / チヤンイン

中国、江蘇(こうそ)省南部にある県級市。上海(シャンハイ)と南京(ナンキン)のほぼ中間に位置し、北は揚子江(ようすこう)に臨む。無錫(むしゃく)地級市に属する。人口124万1000(2015)。交通上の要地で、付近は米、綿花の生産が多く、綿糸・綿織物工業が盛んである。市政府所在地は澄江(ちょうこう)街道。秦(しん)の曁陽(きよう)郡、漢の毘陵(びりょう)県の地で、南朝梁(りょう)代に江陰県が置かれた。1987年市制施行。明(みん)の有名な地理学者である徐霞客(じょかかく)(1587―1641)の墓がある。[林 和生・編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

いざなぎ景気

1965(昭和40)年11月から70(昭和45)年7月にかけて57カ月続いた戦後最長の消費主導型景気拡大局面のこと。名目成長率は毎年2桁で推移した。これに先立つ1955~56年の「神武景気」や58年~...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

江陰の関連情報