池田謙蔵(読み)いけだ けんぞう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

池田謙蔵 いけだ-けんぞう

1844-1922 明治時代の官吏。
天保(てんぽう)15年11月20日生まれ。池田伴親(ともちか)の父。もと伊予(いよ)松山藩士。欧米に留学後,明治8年創設された内務省内藤新宿樹芸課にはいる。9年フィラデルフィア万博に派遣され,綿作調査のほか,養蜂,桃缶詰技術の導入をおこなう。12年三田育種場初代場長。大正11年2月20日死去。79歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android