コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

池田伴親 いけだ ともちか

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

池田伴親 いけだ-ともちか

1878-1907 明治時代の園芸学者。
明治11年2月22日生まれ。池田謙蔵の子。明治39年母校東京帝大の助教授となる。野菜,果樹の基礎的研究で知られた。明治40年3月15日死去。30歳。東京出身。著作に「園芸果樹論」「蔬菜園芸教科書」。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

池田伴親

没年:明治40.3.15(1907)
生年:明治11.2.22(1878)
明治時代の園芸学者。三田育種場初代場長で大日本農会の創設者のひとりとして活躍した池田謙蔵の長男。東京四谷生まれ。一高を経て,明治34(1901)年7月東京帝大農科大学を卒業,36年1月同大講師となり,翌37年12月園芸学講座を担任,39年2月には同大助教授に任ぜられた。40年3月,農学博士。30歳で没したため活躍の期間は短かったが,わが国における園芸の科学的研究は,池田によって初めて着手されたと高く評価されている。論文「百合科植物反足細胞ノ生殖的作用ニ就テ」,主著に『園芸果樹論』(1904)がある。

(友田清彦)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

池田伴親の関連キーワード松戸 覚之助松戸覚之助没年