コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

池田伴親 いけだ ともちか

2件 の用語解説(池田伴親の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

池田伴親 いけだ-ともちか

1878-1907 明治時代の園芸学者。
明治11年2月22日生まれ。池田謙蔵の子。明治39年母校東京帝大の助教授となる。野菜,果樹の基礎的研究で知られた。明治40年3月15日死去。30歳。東京出身。著作に「園芸果樹論」「蔬菜園芸教科書」。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

池田伴親

没年:明治40.3.15(1907)
生年:明治11.2.22(1878)
明治時代の園芸学者。三田育種場初代場長で大日本農会の創設者のひとりとして活躍した池田謙蔵の長男。東京四谷生まれ。一高を経て,明治34(1901)年7月東京帝大農科大学を卒業,36年1月同大講師となり,翌37年12月園芸学講座を担任,39年2月には同大助教授に任ぜられた。40年3月,農学博士。30歳で没したため活躍の期間は短かったが,わが国における園芸の科学的研究は,池田によって初めて着手されたと高く評価されている。論文「百合科植物反足細胞ノ生殖的作用ニ就テ」,主著に『園芸果樹論』(1904)がある。

(友田清彦)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

池田伴親の関連キーワード浅見与七鋳方末彦池田謙蔵伊藤寿刀大塚稔恩田鉄弥菊池秋雄鈴木省三塚本洋太郎橋本春雄

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone