汲引(読み)きゅういん

精選版 日本国語大辞典の解説

きゅう‐いん キフ‥【汲引】

〘名〙 (「ぎゅういん」とも)
① 水を汲み上げること。転じて、人の地位を引き上げ重用すること。推挙。
※本朝文粋(1060頃)一四・朱雀院周忌御願文〈大江朝綱〉「此生永隔汲引之厚顧
※読本・椿説弓張月(1807‐11)後「もし参る事もあらば、其許の汲引(キウイン)を頼みまうすなり」 〔劉向‐条災異封事〕
② 人をさそって、引き連れていくこと。
御伽草子・あしびき(室町中)「妙荘厳王の二子の級引によりて」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

日米安全保障条約

1951年9月8日に対日講和条約と同時に署名された「日本国とアメリカ合衆国との間の安全保障条約」Security Treaty between Japan and the United States ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android