コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

劉向 りゅうきょうLiu Xiang

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

劉向
りゅうきょう
Liu Xiang

[生]元鳳1(前80)頃
[没]建平1(前6)頃
中国,前漢の学者。漢王族の出身。博学で,文才があり,20歳で諫議大夫となり,政治的抱負をもっていたが,失脚し,のち再び用いられ,宮中所蔵の諸文献と民間所蔵のそれとを対校して新校本をつくり,それぞれの解題『別録』を著わし,中国の目録学の創始者とされる。君主を教誡する目的で編んだ『新序』『説苑 (ぜいえん) 』『古列女伝』などのほか,『洪範五行伝』の著がある。また『楚辞』の編者としても知られ,みずからも『九歎』など 33編の作品があったが多くは伝わっていない。

劉向
りゅうこう

劉向」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

りゅう‐きょう〔リウキヤウ〕【劉向】

[前77ころ~前6]中国前漢の経学者。本名、更生。字(あざな)は子政。宮中書物校訂・整理に当たり、書籍解題別録」を作り、目録学の祖と称される。著「説苑(ぜいえん)」「洪範五行伝」「新序」「列女伝」など。りゅうこう。

りゅう‐こう〔リウカウ〕【劉向】

りゅうきょう(劉向)

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

りゅうきょう【劉向 Liú Xiàng】

前79‐前8
中国,前漢の学者。本名は更生(成帝即位の年,前32年にと改名),字は子政。沛(はい)(江蘇省沛県)の人。漢高祖の同父弟である楚元王交の子孫。12歳で任子により郎官となり諫大夫に任用される。宣帝が学者をブレーンとして集めたとき,彼もそこに加わる。春秋学の中の春秋穀梁学を修め,また宮中の図書館(石渠閣)で五経を講じた。郎中から給事中,光禄大夫,中塁校尉と官職を歴任するが,特に元帝期には蕭望之,同堪らとともに国政を指導,元帝期の宦者(かんじや)石顕,成帝期の外戚王氏らの横暴に反対し,ためにしばしば投獄免官される。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

りゅうきょう【劉向】

〔「りゅうこう」 「りゅうしょう」とも〕 (前79~前8) 中国、前漢の学者。字あざなは子政。秦の焚書ふんしよ以来、混乱していた宮中の図書の整理校訂を行い、目録解題を作った。死後、息子の劉歆りゆうきんがこの事業を継承。著「列女伝」「列仙伝」「新序」「説苑ぜいえん」「洪範五行論」

りゅうこう【劉向】

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

劉向
りゅうきょう
(前79/77―前8/6)

中国古代、前漢末の学者。字(あざな)は子政(しせい)、名は更生(こうせい)。漢の高祖の異母弟である劉交(?―前179、楚元(そげん)王)の4世の孫。若くから才能を現し、宣帝(在位前74~前49)に起用されて諫大夫(かんたいふ)となり数十篇(ぺん)の賦頌(ふしょう)を献上する。神仙方術にも関心が強く、黄金の鋳造を進言して失敗し下獄するが、父兄の運動で死を免れる。のちふたたび宣帝に用いられ、石渠閣(せっきょかく)における五経同異の論争に穀梁(こくりょう)春秋派の一員として登用される。すでに当時を代表する学者であった。次の元帝・成帝期、向は劉氏の族長としての宗正の地位にあって、外戚(がいせき)や宦官(かんがん)の横暴を抑えるため懸命に活躍する。成帝のとき、名を向に改める。このころ、外戚の横暴を牽制(けんせい)し、天子の鑑戒(かんかい)ともなるよう上古から秦(しん)漢に至る符瑞(ふずい)災異の記録を集成して『洪範(こうはん)五行伝論』11篇を著して上奏する。また編著書に『説苑(ぜいえん)』『新序』『列女伝』『戦国策』および宮中の図書を整理する際に撰述(せんじゅつ)した『別録』などがある。向の子である(きん)はこれによって『七略』を撰(せん)し、これはやがて『漢書(かんじょ)』芸文志(げいもんし)にほぼそのままの形で収載されて今日に伝わっている。『漢書』に伝記がある。[町田三郎]
『板野長八「災異説より見た劉向と劉」(『東方学会25周年記念論集』所収・1972・東方学会) ▽町田三郎「劉向覚書」(『日中学会報 28』所収・1976・日本中国学会) ▽銭穆「劉向・父子年譜」(『燕京学報 7』所収・1929・燕京大学)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の劉向の言及

【別録】より

…中国,前漢の成帝のとき,数名の学者の協力をえて宮廷の秘府の蔵書の校定に従事した劉向(りゆうきよう)が,ひとつの書物ごとに篇目を個条書きにし内容をつまんで作った解題。劉向の子の劉歆(りゆうきん)はそれを《七略》とよぶ図書目録にまとめた。…

【列女伝】より

…各伝の終りに《詩経》が引用され,君子の評語がついたりして,教訓的な説話集の形をとるが,たとえば夫が官位につくのを願わぬ接輿(せつよ)の妻の伝が収められたりして,儒家的な価値観のみでまとめられた書物ではない。編者は前漢の劉向(りゆうきよう)とされるが,それを疑う説もある。少なくとも現行本が劉向の原本そのままでないことは確かである。…

※「劉向」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

劉向の関連キーワード綸言汗の如し仮名列女伝知恵の輪諫議大夫四部分類本朝女鑑孟母三遷創始者五行説五行志李上佐神仙伝列仙伝書誌学列仙図礼記文才五諫劉歆三哲

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

劉向の関連情報