コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

汴河 べんがBian-he; Pien-ho

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

汴河
べんが
Bian-he; Pien-ho

中国,河南省北東部にあった川の名。古く鄭州北西から黄河の水を引込み,それが開封付近にいたり,汴水といわれ,下流泗水に合して水路を成していた。隋の煬帝のとき開かれた運河通済渠はこの一部を利用したもので,唐・宋時代の広済渠であるが,それが一般には 汴河と呼ばれることとなり,もとの 汴水を古 汴河といった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

べん‐が【汴河】

中国、黄河と淮河(わいが)を結ぶ運河。隋の煬帝(ようだい)が開いた。通済渠(つうせいきょ)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の汴河の言及

【大運河】より

… 唐でも洛陽が運河交通の中心で,その北東の黄河南岸に位置する河陰(滎陽)から,隋代の通済渠により汴州(河南省開封市)を経て淮河に連絡したのである。隋の通済渠は唐代には広済渠といわれ,一般には汴河の名が通用した。河陰から黄河をさかのぼって長安に達するには,途中で三門峡の険所を避け,黄河の北岸で物資を車に積み換え陸運せねばならなかった。…

※「汴河」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

汴河の関連キーワード清明上河図清明上河臨安府和買

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android