泗水(読み)しすい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

泗水
しすい

熊本県北部,菊池市南西部の旧町域。熊本平野の北東部にある。1955年泗水村,田島村,七城村の一部が合体,1961年町制。2005年菊池市,七城町,旭志村と合体し菊池市となる。菊池川の支流合志川沿いには水田,北部と南部の洪積台地には畑が多い。畑作地ではタバコや牧草の栽培,養蚕酪農が行なわれる。中心地区の高江には製糸工場が立地する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

しすい【泗水】

中国、山東省南西部を流れる河川。蒙山に源を発し、曲阜を通り、大運河に注ぐ。長さ355キロメートル。泗河しが。スーシュイ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

泗水
しすい

熊本県北部、菊池(きくち)郡にあった旧町名(泗水町(まち))。現在は菊池市の南西端部を占める。旧泗水町は1961年(昭和36)町制施行。2005年(平成17)菊池市に合併。旧町域の中央をほぼ東西に流れる合志川(こうしがわ)によって形成された低地と、これを南北から挟むように広がる台地とからなる。産業の中心は久しく稲作に養蚕を加味した農業にあったが、近年では農業自体も変質し、酪農、野菜に重点が置かれているほか、電子部品やコンクリート製造などの工場立地もかなりみられる。また、国道387号、325号などは、熊本市のベッドタウン化を促す媒体になっている。他方では正月飾りに比定される「正月棚」とよばれる表の天井から下げた綱に横板を渡し、鏡餅(かがみもち)、ダイダイ、イワシ、ダイコンなどを供え、ろうそくをともす旧習も残っている。歴史民俗資料館がある。[山口守人]
『『泗水町史』(1965・泗水町)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

し‐すい【泗水】

中国山東省を流れる川。陪尾山に源を発し、西南に流れて孔子の生地である曲阜県を通り、独山湖に注ぐ。泗河。
※本朝麗藻(1010か)下・感勘解藤相公賢郎茂才蒙課試之綸旨、聊呈鄙懐〈源孝道〉「泗水慕龍情未忘、尼山䑛犢志応同」 〔水経‐泗水〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

スト破り

ストライキの際、使用者側について業務を続けること。特に、使用者がストライキに対抗して雇用者の一部や外部からの雇用者を就業させること。また、その労働者。スキャッブ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

泗水の関連情報