コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

泗水 しすい

5件 の用語解説(泗水の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

泗水
しすい

熊本県北部,菊池市南西部の旧町域。熊本平野の北東部にある。1955年泗水村,田島村,七城村の一部が合体,1961年町制。2005年菊池市,七城町,旭志村と合体し菊池市となる。菊池川の支流合志川沿いには水田,北部と南部の洪積台地には畑が多い。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

し‐すい【泗水】

中国山東省にある川。孔子の生地である曲阜(きょくふ)を流れて、独山湖に注ぐ。このことから孔子の教え、儒学を「泗水の学」という。泗河(しが)。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

泗水(しすい)

熊本県菊池市にある道の駅。国道387号に沿う。

出典|小学館
デジタル大辞泉プラスについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

泗水
しすい

熊本県北部、菊池(きくち)郡にあった旧町名(泗水町(まち))。現在は菊池市の南西端部を占める。旧泗水町は1961年(昭和36)町制施行。2005年(平成17)菊池市に合併。旧町域の中央をほぼ東西に流れる合志(こうし)川によって形成された低地と、これを南北から挟むように広がる台地とからなる。産業の中心は久しく稲作に養蚕を加味した農業にあったが、近年では農業自体も変質し、酪農、野菜に重点が置かれているほか、電子部品やコンクリート製造などの工場立地もかなりみられる。また、国道387号、325号などは、熊本市のベッドタウン化を促す媒体になっている。他方では正月飾りに比定される「正月棚」とよばれる表の天井から下げた綱に横板を渡し、鏡餅(かがみもち)、ダイダイ、イワシ、ダイコンなどを供え、ろうそくをともす旧習も残っている。歴史民俗資料館がある。[山口守人]
『『泗水町史』(1965・泗水町)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

泗水の関連情報